バイナリーオプションの勝敗の分かれ道

バイナリーマインド 勝ち方

バイナリーオプションで勝敗の分かれ道は、結構単純です。なぜなら、負ける人と勝てる人とでは、決定的な違いが単純明快にあります。というか、これができないから負けるのです。当てはまっている方は注意が必要です!

 

さて、バイナリーオプションで勝ってる人と負けてる人の最大の違いは、、ズバリ!!!

 

待てるか待てないか。

 

だと、個人的に思います。例えば、これは僕の例ですが、、取引画面を立ち上げ、MT4も立ち上げ、取引するタイミングを待ちます。

5分経過・・・10分経過…‥‥30分経過。。。

 

なんてことは、バイナリーオプションではしょっちゅうです。

 

あなたは、あなたが推奨しているロジックの条件通りに取引をしていますか?

 

勝てる人と負ける人の違いは、自分のロジックに当てはまったタイミングを待てるか待てないか。

 

ここに尽きる気がします。

 

僕も友人の何人かに伝えてことがありますが、全員が結局は伝えたタイミングで取引をしていませんでした。また、ツールはダメって言う人もいっぱいいますが、ツールは使い方です。

ツール通りに取引すれば、やっぱり50%前後の勝率になります。

 

そこに+αの裁量が必要なわけで、この裁量を守らないから勝てないという人がめちゃくちゃ多いです。なぜ、ここまで断言できるかというと、前回の記事でも書きましたが、広告代理店に勤めていたので、バイナリーオプションの案件は数年携わってきました。

 

ツール+裁量で負けないツールもいっぱい見てきましたし、今でも使っているツールもあります。

 

 

何度も言いますが、根拠のある取引タイミングの時だけエントリーするのが投資です。なんとなくや、とりあえずは絶対にあってはいけないマインドなんです。

 

 

僕の場合は、2時間は絶対にチャートを見ていました。当然、ずっと張り付いて見ているわけじゃありませんが、とにかくタイミングを探る時間の方が長いのがバイナリーオプションなのです。

 

根気は要りますが、逆に根気があれば誰でもある程度は勝てると思います。

 

最後に僕がしていたことです。例えば、ボリンジャーバンドの3σにタッチした場合の次の足がどうなっているかを過去2~3ヶ月遡って確認します。これをエクセルに記録します。
そして、更にRSIや一目均衡表を追加して、エントリーのタイミングの条件を追加していき、過去のチャートを確認して、エクセルに記録する。

 

こうすることで、自分が取引をしようと思ってるタイミングの勝率が見えてきますよね。難しいことでも何でもありませんし、こういうことはやるかやらないかだけなので、まずはご自身の取引手法の勝率を過去のチャートからピックアップしてみて、どのくらいの勝率なのかを事前に理解してみましょう。

読んで欲しい記事

バイナリーオプション無料レクチャーに騙される

M-transactional(エムトランザクション)

短気取引のペイアウト率が一律1.9倍なので、ハイローオーストラリアより利益率は高め。
出金対応も早く、午前中に申請を掛ければ当日入金も可能な良心的なサイト。
約定も少なく取引画面もシンプルだから分かりやすいので今は一番のオススメ業者です。

ハイローオーストラリア
Japanese all-rounder

ペイアウト率が高く、出金対応もスムーズ。
最も、人気のあるバイナリーオプション口座です。
最低デポジットは5000円から。
バイナリーオプションを本気で始めるなら、絶対に必要な口座です。
取引画面も見やすいですよ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました